熱電対用非金属保護管

非金属保護管

非金属保護管は耐熱性に優れており高温化での使用が可能で機密性、耐食性、電気絶縁性が高いという特長があります。
一般的な保護管型では磁製管の仕様が多く、金属管ではもたない1200℃ 以上での使用測温が可能です。炉内雰囲気により優劣が出ますので、選定には充分に注意が必要です。

◆磁製保護管

保護管種別 特長 常用温度(℃) 限界温度(℃)
再結晶アルミナ(PTO) 1600 1800 アルミナ(Al O )分 99.6%以上の成分から 2 3 なり耐熱性、耐食性に優れています。
JIS2種(PT2) 1400 1500 ムライト材質からなり磁製管の中でも安価で耐熱衝撃性に優れています。急熱,急冷にやや弱い。
JIS1種(PT1) 1500 1600 ムライト材質からなりPT1よりも熱ショック抵抗が良好である。
◆磁製保護管一般規格
磁製保護管
◆その他の非金属保護管

保護管種別 常用温度(℃) 限界温度(℃)  特長
不透明石英管、透明石英管 1000 1100 高温特性に優れ、ヘリウム、水素、ネオン以外のほとんどのガスを通さず、急熱、急冷に強い。
シリコンカーバイト(SiC) 1500 1700 熱伝導性、熱衝撃性良好。
シリコンナイトライド(SiN) 1550 1750 SiC性能にSi N を含み溶融アルミ用に適す。
非金属保護管
販売体制

販売 価格先端開放(チューブ保護管)や側面部の穴加工等の特殊なものも可能です。上記保護管規格や長さについてもご要望に合わせる事が出来る場合もございます。保護管の修理として保護管のみの販売も行っております。また、金属サポート付等の加工も行います。
特殊な規格についてもご相談下さい。

 

販売 価格

販売 価格


このページの先頭へ