貴金属熱電対買取リサイクル

貴金属熱電対(R・B・40:20PR熱電対)の買取回収による希少貴金属のリサイクルを勧めております。特に、貴金属熱電対は相場により価格の上下が激しく相場リスクの軽減にはリサイクルが最善の方法です。また、破損品や使用しなくなった物の買取も行っております。古物商の登録もありますので、安心して売却することが出来ます。

古物商:福岡県公安委員会許可21965号

新品購入価格の軽減

kk_recycle01貴金属熱電対は主要原材料が白金と大変高価なものです。しかも、世界市場により日々相場が変っており、熱電対m当りの単価が日に千円単位で変動することもあります。故に購入の時期が一年も開くと、前回購入価格と予想以上に違うことも珍しくありません。新品の購入を検討されるときに切れた熱電対、交換後の熱電対を集めて出すことにより、新品の販
売価格と同じように故品のリサイクル価格も変動するので、価格が相場に左右されにくい利点があります。

別購入品の予算として

kk_recycle01貴金属熱電対は熱電対に再生するだけでなく、別購入品の予算として売却する事もできます。主材料が貴金属であるため、他の非鉄金属や合金と違いロスも少なく、希少価値もあり高価で売却が可能です。たとえば、研究テーマの変更等で使用されなくなった熱電対を売却し、別機材や備品購入のための予算にまわす事も考えられます。

売却(貴金属リサイクル)

熱電対主材料の白金は多くが宝飾で使用されているイメージが強いのですが、実際は化学特性や物理特性が優れていることから産業製品での使用が大部分を占めております。特にPt(プラチナ)Rh(ロジウム)は触媒作用が強いことから自動車触媒に利用さ、今日の自動車産業の需要増に加え、世界的にも算出量が少ない事も手伝い、更に希少価値が高まっています。また、プラチナは国内での産出が無く、海外からの流入に頼らざるを得ず、リサイクルが特に大切であるといえます。弊社では、貴金属総合商社の責任として希少である貴金属の回収をすすめ社会に貢献するとともに、お客様に対し価格でご協力をさせていただくことを考えております。

kk_recycle01買取価格はPt(プラチナ)Rh(ロジウム)相場により変動致します。また、重量により買取価格変わります。価格は重量と共にご連絡ご相談いただきますよう宜しくお願いいたします。また、重量は弊社の受入重量を基本とし、故線の状況によりロスが多く掛ることもございます。見かけの重量での回答も可能ですが、正確に御見積するためには、弊社に送っていただき重量,状態を見せていただいた上でお話させていただいた方が確実です。


このページの先頭へ